事業内容

お住まいの健康診断のお手伝い

ジャパンホームシールド
既存住宅インスペクションのお手伝い

住宅インスペクションとは、建築士の資格をもつ専門の検査員が、第三者的な立場で”住宅の現状の検査を行なうこと”です。

宅地建物取引業法が改正され、2018年4月1日から宅建業者はお客様へ建物状況調査(インスペクション)の内容を説明し、斡旋することが義務付けられます。

住宅の現状を把握することができるので、売主様、買主様共に安心して売買することができます。

お家の健康診断
既存住宅の健康診断

お家の健康診断で3つの安心!

 

 

①プロの検査で安心!

住宅に問題がないか状況を把握できる

国土交通省が策定した建物状況調査に基づいて専門の検査員が検査。購入前に住宅の状況を詳細に把握することができ、安心して購入することができます。

 

②将来に備えて安心!

メンテナンス計画が立てやすい

検査をして補修の必要箇所や劣化状況が把握できれば、購入後のリフォーム費用やメンテナンスの実施時期など、維持管理の計画が立てやすくなります。

 

③万が一のときにも安心!

もしもの時の備えに既存住宅かし保証

 

検査結果が既存住宅売買かし保険の基準に適合している住宅は、既存住宅かし保証をご利用いただけます。

予期せぬ雨漏りなどで損害が発生しても、その補修費用に備えることができます。

 

+ さらに、既存住宅かし保証(個人間売買)を利用すると、住宅取得時の税制優遇に活用可能!

 

既存住宅かし保証を利用することで発行される「保険付証明書」を活用すると、築年数の古い物件でも税制の特例の利用が可能になります。

※建物の引渡し日までに付保証明書が発行されていることが条件となります。

 

検査を行い現在のお住まいの状況を把握していただき、さらに保証も付けられるので売却される方も、購入される方も安心です。